KRUMPクランパー田中煌己/コウキ/世界を舞台に活躍してきた経歴

KRUMP
スポンサーリンク

はじめに

推しのコウキ(田中煌己)に出会い知ることになった「KRUMP」の世界!

クランパー時代からのコウキのファンの方にしたら、懐かしいものばかりだと思いますが、LOUDオーディションからファンになった私は、コツコツと情報をまとめる作業も、新たなコウキに出会うようで、とても楽しかったです😊

小さな頃から、世界を舞台にクランプダンサーとして活躍してきたコウキについて、ここでたっぷりと紹介したいと思います。
今までの経歴~LOUDまでになります。

スポンサーリンク

プロフィール

コウキのプロフィールの紹介です。

Pom
Pom

↑↑2021年10月27日にアップされたコウキです。

※知らない方が間違わないように書いておきます。
LOUD~TeamPnationの配信に使っていたTwitterは、現在@TNX_officialになりますが、元々は@PNATION_LOUDでした。TNXのデビュー決定と共に2022年3月29日に上書きされています。


2022年1月24日、PNATIONよりお知らせがあり、LOUDから誕生したデビューグループ(TNX)からの離脱と、今後はPNATIONと共に新たな未来を描くことが発表されています。

氏名田中煌己(たなか こうき)Koki
ダンサー名Prince Tight Eyex/Baby Krow
Baby Street Beast
FamEyex Fam/Krow Fam/Beast Camp
生年月日2009年1月29日
星座水瓶座
血液型A型
MBTIESFP
趣味キャップ帽と靴をコレクションすること
好きな色赤色
好きな数字
嫌いなもの自分の靴下😆
現事務所韓国・PNATION

<ダンサーネームについての紹介記事>

KRUMPダンサーネーム#1「Baby Street Beast」

KRUMPダンサーネーム#2「Baby Krow」

KRUMPの起源

4歳からダンスを始めて、6歳からKRUMPに恋をしたコウキ。
そんな「KRUMP」についての起源を辿ってみたいと思います。

KRUMPの発祥
アメリカのロサンゼルス(LA)です。


90年代のLA・ダウンタウンの南にあるサウス・ロサンゼルス(旧サウス・セントラル)では、ストリートギャングの活動が盛んで、犯罪発生率が高く治安が悪かったそうです。

「ギャングは好んでなる訳ではなく、育った環境でなる」そう言われるほど、若者が厳しい環境を生き抜くために、犯罪に手を染めてしまうことが多かった時代。

元ドラッグ・ディーラーだった、トミー・ザ・クラウン(TOMMY THE CLOWN)さんが出所後に慰問先で、過酷な環境で生きる若者を犯罪から遠ざけて守ろう、子供たちを楽しませようと動いたことが起源になります。

彼は子供たちに希望を与えるため、ピエロの恰好でヒップホップをベースに「CLOWNDANCE」を披露し、人を楽しませるダンスとして、人気を博しました。


一方、若者たちは次第に自分たちの怒りや、やり場のない葛藤を発散し感情を表現する手段として踊り始めて「CLOWN DANCE」から派生し「KRUMP」が生まれ広がっていきました。

Tight Eyex

トミー・ザ・クラウンの弟子にあたる、Tight Eyex(タイト・アイズ)さんを含めた若いダンサーたちが、この「KRUMP」を確立していき、楽しむダンスから戦うダンスへと進化していきました。

1985年1月3日生まれのクランパー
世界のトップクランプクルー・STREET KINGDOMのリーダーとして活躍中です。
世界中にKRUMPを広めるための活動も行っています。

このKRUMPの創始者タイト・アイズ(TightEyex)より、Prince Tight Eyexのダンサーネームを命名されたコウキって凄いね!!

KRUMPの語源

KRUMPの語源を調べてみました。

正式名称
「Kingdom Radically UPlifting Mighty Praise」

K→Kingdom(神の国)
R→Radically(素晴らしい)
U→Uplifting(精神的高揚)
M→Mighty(偉大)
P→Praise(神への賞賛)

以上の頭文字から取っています。

背景にクリスチャンの要素も含んでいるようなので、特にPの意味である「神への称賛」が重要視されています。
自分を解放するということが、大きなテーマになっています。

KRUMP3つの基本

KRUMPには、3つの基本の動きがあります。

ストンプ
足を踏む(地面を踏みならす動き)

チェストポップ
胸でポップを打つ(胸を弾く)

アームスイング
腕を振り下ろす

この動きを基本とし、3つをうまく組みあわせてムーブを作り、そこに自分の喜怒哀楽の感情をのせていきます。ステップは少ないですが、体を大きく使う、思い切りのいるダンスです。

ダンス用語

ムーブ・・一連の動き・動きの雰囲気や技

グルーブ・・リズムや音にのること

スプリット・・足を前後に広げること

HYPEとは?

KRUMPの文化に欠かせないのが、HYPE(ハイプ)になります。

バトルを観ていると、周りにいる方たちが大声で叫んでいたり、騒ぎ立てる感じで盛り上げていますが、正にそれがHYPEになります。

これも一種の応援の形として周りが湧くことで、踊っている人もパワーを貰い、バトルやセッションが盛り上がります。また、HYPEをしない人は、クランプする資格がないと言われるほどだそうで、とても大切にしている文化になります。

主な受賞歴

ここからは、コウキの主なダンスの受賞歴をまとめました。

年表コウキの年齢大会名受賞
2017年8歳Art of RAW Krump
キッズ ラスベガス
優勝
2017年8歳FCD Krump World Awards
キッズ
優勝
2019年10歳FCD Krump World Awards
キッズ 
優勝
2019年10歳ESB Japan キッズ 優勝
2019年10歳KING OF BUCK 10th Anniversary
World Cup キッズ
優勝
2020年11歳マイナビDANCE ALIVE HERO’S
KANSAI CHARISMAX & KIDS
優勝
2020年11歳FCD Krump World Awards
キッズ 
優勝

4歳でダンスを始め、6歳でMasa aka Krowに出会い、7歳で日本で行われたKRUMPトーナトバトル,TB3のジャッジで来日していたBabyTightEyexよりBabyStreetBeastの名前を授かる。

その4ヶ月後にラスベガスで行われたARK 2017 キッズサイドで優勝。師匠であるKrowよりBabyKrowの名前を授かる。2019年12月のKING OF BUCK 10 Anniversary Worldcupではキッズサイドで優勝。
ジャッジで来日していたKRUMPの創始者TightEyezよりPrinceTightEyexの名前を授かる。

その他にもEBS Japan 2019 キッズサイド優勝。そしてYGB6・BeastCamp Asia Qualification・Krumpire Japan Qualificationではアダルトサイドで優勝、アメリカ・ロシア・ドイツの大会にも出場している。

KRUMPファミリーのKrowFam・BeastCamp・EyexFamのメンバーとして活動しテレビやミュージックビデオ、ショーケースにも出演している。

引用元・マイナビ DANCE ALIVE HERO’S 2020
Pom
Pom

2017年
コウキ8歳の時のThe ARK!

BABY STREET BEASTのダンサーネームで出場しています。
バトル途中で、対戦相手の服の中にも入っちゃう。笑!

最後は、とってもかわいい等身大のコウキが待ってますので、是非見てね!

私はこのバトルが大好きです!(^^)

Pom
Pom

2019年・X Over Japan
北海道予選のもの。

コウがキ10歳のとき。
大迫力のクランプダンスは圧巻です↓↓

Pom
Pom

FCDのFINAL 2020年

コウキが11歳のとき。
オンラインでの対戦になり、いろんな衣装でクランプするコウキです。

Pom<br>
Pom

マイナビDANCE ALIVE HERO’S
2020 KIDS KANSAI CLIMAX

先ほどの動画も同じ女の子で、Baby Ruin/Princess Tight Eyexこと、ひなたちゃんと言います(^^♪

コウキと同じようにKRUMP創始者タイト・アイズに認められ、ダンサーネームを命名されている実力者です。
この2人の実力者同士の対戦となり、その後もDA PUMPのMVで共演しています。

KROW MASA先生

ここからは、Famや先生方を紹介します!

「KROW FAM」「WORTH WORK」のボスこと、KROW MASA先生をまず紹介します。
コウキが6歳(小学1年生)の頃から習っているようです。

とっても愛情が深く、コウキのK-POPアイドルへの挑戦も、Familyの一員として、ずっと温かく見守っておられます。

LOUDの1ラウンドでコウキが披露し、伝説のパフォーマンスとなった、クランプverの「KILL THE STAGE ANTHEM」は、KROW MASA先生のコレオでした。

The Beast Camp

Baby Street Beast のダンサーネームを授かった、BeastさんことBaby TightEyexさんです。

2022年1月29日、公式からはコウキの誕生日に関してのお祝いはなく、ファンはとても落胆したのですが、次の日、お誕生日を祝うかのように、The Beast Campよりこの動画がアップされました!

この動画の最後に、Beastさんのクランプ映像もあります。韓国で頑張るコウキに、エールを送ってあげたかったのかなと感じました。

今もたくさんの方々に愛され、応援されているんだな~と思います。

Pom
Pom

KRUMPIRE ロシア 2019のコンビダンスが最高です!

緑のキャップを被った、Baby Konkrete PrinceKrowことマイト君です!
コウキの1つ年下で、とっても仲良しのクランプダンサー友達であり、これからが楽しみなダンサーです。

TAKA先生

ダンサー兼モデルもされている、TAKA先生を紹介します。
先生には、HIPHOPダンスを習っていました。


LOUD1ラウンド、コウキのパフォーマンス「Heartbreak Heard Around the World」はTAKA先生のコレオでした。また、この曲がコウキに合うとチョイスしたのも、TAKA先生です!

Pom
Pom

TAKA先生の教え子には、NCTのショウタロウ、TREASUREのマシホ、JYP所属のアマルもいます!

LOUDでアマルを偶然発見し「大きくなって最初分からなかったけど、アマルもいるのが驚き。楽しみが2倍になった!」とツイートされていました。
なので子供の頃に習っていたようです。

そして、コウキをはじめ、世界で活躍する教え子を次々と輩出されています!

<関連記事>

ショウタロウ×TAKA先生×コウキ/子供時代からダンスで繋がる師弟

テレビ出演

LOUDに出演する以前も、日本で何度かテレビ出演をしていました。

2019年3月18日 
めざましテレビ キラビト 出演

Pom
Pom

当時、小学4年生のコウキは、クランプダンスの申し子と言われたスーパーキッズとして紹介されています。
クランプの創始者を超えるレベルまで行きたい!と話していたようです。

2019年10月 
若林ノブ秋山の揃いも揃って言ったコト 出演

Pom
Pom

タイト・アイズさんに「クランプダンスの申し子だ。感情表現が天才的。」と言われたと紹介されていたようです。

2021年4月
OH!舞 DA PUMP!! 出演

出演者
DA PUMP・酒井健太・ KROW・ ARES,・HINATA・KOKI・Hilty&Bosch

Pom
Pom

下の画像に、ちらっとだけKOKIが映るよ~!
収録は、LOUDに出演するため韓国に渡る少し前だと思われます。

MV出演

こちらは、コウキがMVに出演したものです。TAKA先生と一緒に出演しています。

2017年コウキ8歳
DANCE EARTH PARTY  
POPCORN 

Pom
Pom

ポップコーンが大きく見えるほど、まだ幼いコウキです!


こちらは、コウキとKrowMasa先生を含めた4人のクランパーと共に、KRUMPを披露したMVです。

2021年 コウキ12歳のとき。
DA PUMP
Dream on the street

MVで一緒に踊ったメンバーを紹介します!
全員クランパーです。

☆DA PUMPのメンバーKIMIさん
☆KROW・・Krow Fam のボス
☆ARES・・BlackIIImuraiチームに所属
☆BabyRuin a.k.a Princess Tight eyex

Pom
Pom

このMVは、各ジャンルの世界的ダンサーか集結しており、DA PUMPメンバーの各ダンスのルーツ(HIP HOP・ポップ・ロック・KRUMP等)を盛り込み、ダンス界の金メダリスト達との超絶コラボパフォーマンスだったようです。

このレジェンドたちの中に選ばれた、コウキもひなたちゃんもほんとに凄い!

下の動画でこのMVについて詳しく解説をしてくれています!
とても分かりやすかったので、良かったら見てみてください!
このMVの出演に選ばれたコウキの凄さが、より実感できます(^^)/

まとめ

いろいろと経歴をまとめましたが、とにかく膨大な量で、これでもほんの一部です。

コウキってやっぱり凄いクランパーで特別な子ですね。
また違う視点でもコウキへの応援を込めた記事を更新していきたいと思います。

供給がない今とても寂しくなったりもしますが、改めてたくさんの仲間と一緒に成長してきたコウキを知ることができ、その活躍が動画や写真でたくさん残っていることに感謝です。

K-POPプリンスになって、いつかまたKRUMP界に戻ってくるコウキを見てみたいです!!

この春で、日本では中学2年生になるコウキ!今もきっと成長しながら努力を重ねていると思いますが、とにかく毎日元気に笑っていてほしいです!!

コウキ~!!
今もたくさんのファンがいろんな形でコウキを応援しているよ!!

<関連記事>

BabyKrow(コウキ)&RANAコンビ・YouTube出演でダンスバトル

PNATION/コウキが紹介するコウキ~LOUDは未来と語る

コウキ/韓国KRUMPクランプ/BUCK AREA 7出場2019

タイトルとURLをコピーしました