LOUDその後/THE NEW SIX/TNX6人組グループデビュー 

K-POP
スポンサーリンク

はじめに

2021年にSBSの韓国LOUDオーディション番組で誕生し、PNATION初の6人組のボーイズグループとなった「THE NEW SIX/TNX」を紹介します。

ウ・ギョンジュン
チェ・テフン
チャン・ヒョンス
チョン・ジュニョク
ウン・フィ
オ・ソンジュンの6人です。

LOUDオーディションで、デビューグループに選ばれたコウキ(田中煌己)は、2021年1月24日にPNATIONからお知らせがあり、このデビューグループからの離脱と、今後はPNATIONと共に新たな未来を描くと発表がありました。

コウキのLOUDまでの経歴は、こちらでみてください。

推しのコウキは一緒にデビューできなかったけれども、どのような形でPNATIONがアイドルを活動させるのかを知っておきたいので、LOUDでの初々しい6人の姿、ステージの紹介と、デビュー活動を追ってみたいと思います。

スポンサーリンク

LOUDでの活躍

LOUDに初めて登場したのは、1ラウンドが始まる前の練習生のお披露目です。
TNXのメンバーの内、元々PNATIONの練習生であったウン・フィを除く5人で、ATEEZ「WIN」を披露しました。

大きな旗を使った力強いダンスのステージで、PNATION(PSY)はエネルギッシュなグループを作るんだろうなって思ったステージでした。

そしてウン・フィと言えば、1ラウンドから音楽制作の才能をいかんなく発揮し、PDたちからも常に高い評価を得ていました。そして、こちらの2ラウンドでも、作詞の能力を発揮しパフォーマンスした、ウン・フィ&ジャスティン・キム&キム・ドンヒョンの「CCHILL」です。

全員が自作ラップを披露し、10代で感じる粗削りな自分の評価と期待をリリックに混ぜ込み、声でセッションしているような感じでパフォーマンスを披露しました。

Pom
Pom

LOUDでの活躍は、TNXの子たちの成長と共にどんどんパワーアップしていくので、見て損はないです!

PNATIONとは?

韓国アーティストPSYが設立した、総合エンターテイメント事務所です。
アーティストは、CrushやHeizeなどが所属しています。

PNATIONについて興味のある方は、下記からどうぞ!

PNATION・韓国アーティストPSYが設立した事務所を紹介

デビュー発表

2022年3月29日

6人ボーイズグループ「TNX」としてデビューするとPNATIONより発表がありました。

その後は「The New Six」と題して、デビューするまでのエピソードが、YouTubeにアップされたり、少しずつデビューに向けて、コンテンツがアップされました。

THE NEW SIX/TNXでデビュー

2022年5月17日
PNATION初のアイドルグループとして「TNX(ティーエンエックス)」がデビューを果たしました。

グループ名のTNXは「THE NEW SIX」の頭文字をそれぞれ取っています。
パワフルな感性で同世代の人たちと共に挑戦し克服して成長していく6人という意味が込められているそうです。

TNXのインスタは、こちら

Pom
Pom

このグループ名に関して、ジュニョクは「TNXがどういう意味なのかすごく知りたかった。長い間、グループ名を待っていただけに、聞くと同時に込み上げてきて、不思議だった」と話しています。

また、フィは「どうしても事務所がPNATIONなので、名前を付ける時にはPが頭文字に入ってほしいという意見があった。PigeonやPhoenixなどがあったけど、TNXと聞いてカッコイイと思った」と言っていたようです。

個人的には、このグループ名にSIXが入ったことにより、コウキの合流はないんだと思う決定打になったので、それぞれのメンバーがどのように思ったのか気になっていましたが、一連の話の中での解釈では、TNXと決定した後に、メンバーはその名前の意味を知ったのかな?と感じました。

それと、PNATIONはPに対するこだわりが凄いので、グループ名はPから始まる気がすると前々から思っていたのですが、やっぱりその案があったことが明るみになりました。

P案が次に持ち越された場合、次期デビュー組に付けられる可能性もあるな~と思うので、PigeonPhoenixはどういう意味があるのか?興味深く感じています。

デビューミニアルバム「WAY UP」

デビューミニアルバムの「WAY UP」には5曲が収録されました。


タイトル曲は「Move」です。
ダイナミックな曲調で、パフォーマンスもエネルギー溢れる、カリスマ性を意識した雰囲気に仕上がっています。

音楽制作には、PNATIONの作曲家のユ・ゴニョンさんや、所属のアーティストであるペノメコさんが参加しています。

「WE ON」の作詞はウ・ギョンジュン&チョン・ジュニョク&ウン・フィが参加し、作曲編曲はウン・フィが担当しています。また、「小さな歌」は作詞・作曲・編曲の全てをウン・フィが担当しているので、PNATION内でのウン・フィに対する評価はとても高く、これからもTNXの曲を手掛ける存在だと思います。今後もしかしたら、PNATION所属のアーティストの音楽制作にも関わることがあるかもしれません。

1 WE ON
2 180秒
3 Move
4 Already
5 小さな歌

ファンクラブ名

THX(テンス)です。
Together witH TNX の文字を取り、僕たちTNXと共にという意味が込められたそうです。

プロフィール&メンバー紹介

プロフィールの紹介と、年齢順でメンバーを紹介します。

氏名生年月日血液型MBTI補足
ウ・ギョンジュン
우경준
2002
08/30
BISFP元BigHit練習生
チェ・テフン
최태훈
2002
11/19
AESFJリーダー
元TheBlackLabel練習生
チャン・ヒョンス
장현수
2003
09/16
OENFP

ISTP
チョン・ジュニョク
천준혁
2004
09/20
OENFJ

INFJ
ウン・フィ
은휘
2004
11/11
BENTP作詞作曲が得意
オ・ソンジュン
오성준
2005
08/30
BENFPマンネ

ウ・ギョンジュン/우경준
英語名・ジャスティン・ウー
2002年08月30日生まれ

韓国・ソウル出身で、オーストラリアに5歳~15歳まで住んでいました。
TNXの長男であり、スウィートシャイボーイで、野菜が嫌いでお肉とカフェインが好き。
特技は、英語・スケートボード・チェロ

PNATION/ウギョンジュンのミニインタビュー&10問10答

チェ・テフン/최태훈
韓国・仁川出身
2002年11月19日生まれ

大人にも子供にも優しい(byコウキ)誠実さ抜群のリーダーであり、ピアノも弾けるメインダンサー
特技は、サッカー・水泳・射撃・アーチェリー等

PNATION/チェテフンのミニインタビュー&10問10答

チャン・ヒョンス/장현수
韓国・慶尚北道出身
2003年09月16日生まれ

農業を愛してるけど虫が苦手。写真を撮るのが好きで、メンバーをよく撮影している。
特技は、農業・風景写真・イラストレーション

PNATION/チャンヒョンスのミニインタビュー&10問10答

チョン・ジュニョク/천준혁
韓国・京畿道出身
2004年09月20日生まれ

TNXのエースと呼ばれ、高音も得意とするボーカルが魅力。唇がチャームポイントなので、アヒルを自分に例えている。

特技は、ドラム、バスケットボール

PNATIN/チョンジュニョクのミニインタビュー&10問10答

ウン・フィ/은휘
韓国・ソウル出身
2004年11月11日生まれ

中2までスキー選手をしていた経歴の持ち主。作詞作曲を得意とし、TNXの音楽制作に関わる存在。
特技は、ライティング・アレンジ・ラップ・スキー

PNATION・ウンフィのミニインタビュー&10問10答

オ・ソンジュン/오성준
韓国・蔚山広域市出身
2005年08月30日生まれ

しっかり者で気遣いができる。特に声が魅力的。マインドコントロールでメンタル鍛えているマンネ。
特技は、歌うこと

PNATION/オソンジュンのミニインタビュー&10問10答

ショーケース

2022年5月17日にデビューしましたが、午後からメディアショーケースが開催されました。

その際、記者から質問が飛び、TNXのリーダーであるテフンから、離脱後初めてコウキに対する言及がありました。

皆さんも放送(LOUD)を通じてご覧になったように、コウキは本当に実力があり上手で、学ぶべきところがすごく多い友人でもあった。今はお互いの未来を応援し合っています。


午後6時に、各オンライン音源サイトで「WAY UP」を発売。(5月4日から全アルバム販売サイトを通じて予約販売を開始していました)
午後8時に、オフラインショーケースが開催されました。

場所 ソウル・龍山区のブルースクエアマスターカードホール
時間 午後8時

抽選を通じて、TNXファン&予約販売バイヤーを招待。
ネイバーNOW&YouTubeを通じて、全世界でオンラインでも配信されました。

MV

デビューミニアルバム「WAY UP」のタイトル曲「MOVE」のMVです。

デビューアルバム初動枚数

HANTEOチャートによる、デビューミニアルバム「WAY UP」の初動枚数(1~7日間)は、31,196枚でした。

音楽番組に出演

バラエティや音楽番組などの番組で活動していますが、音楽番組だけ紹介します。
韓国の音楽番組は月曜日だけなくて、他の曜日は全部あります。

火曜日 

SBSMTV(ケーブルテレビ)
THE SHOW(ドショ)
アプリ・STAR PLANETで投票

水曜日

MBCMUSIC(ケーブルテレビ) 
SHOW CHAMPION(ショーチャン)
アプリ・IDOL Champで投票

木曜日 

Mネット(ケーブルテレビ)
M Countdown(エムカ)
mnetworldに登録し投票

金曜日 

KBS(地上波)
Music Bank(ミューバン)
投票なし

土曜日 

MBC(地上波)
ショー!音楽の中心(ウマチュン)
アプリ・Mubeatで投票

日曜日

SBS
人気歌謡(インガ)
アプリ・FREEVOTEで投票(番組終了後)

Pom
Pom

音楽番組の出演は、20日のミューバンから始まり「Move」や「180秒」で約3週間ちょっと活動していました。

そしてフィが作った「小さな歌」で、もう一度活動を再開し、6月26日が活動の最後になりましたので、約6週間のデビュー活動でした。
衣装もたくさん用意され、イム・ギョンムン君が所属するYOUNITEとも同じ音楽番組に出演したりして、PNATION初のアイドルとして第一歩を歩みだしていく姿が見れました。

まとめ

今回は、コウキのヒョンたちTNXのデビューを追いかけてみました。
音楽番組だけでなくバラエティやラジオ番組にも出演し、TikTokでは他のアーティストともコラボしたりと、たくさんのデビュー活動で、TNXの意気込みを見させてもらいました。

最後に、こちらはLOUDの最終回で7人で披露した「180秒」のステージです。

この時デビューグループに選ばれて、TeamPnationのマンネだったコウキ(田中煌己)も一緒にパフォーマンスをしている貴重なステージ映像です。

LOUDを見ていないTNXデビューからのファンの方にも、是非一度は観てほしいステージです。
パワフルに踊る小さな巨人と呼ばれた男の子、今はPNATIONの練習生として、次期デビューを目指して頑張っています。
もっとカッコ良くなって再び姿を現してくれると思うので、是非、名前とお顔を覚えていてください^^

コウキの離脱に関しては正直なところ今も、ヒョン全員とPSYから、気持ちを聞きたいのが本音ですが、それも叶わないであろうことは悟っています。
前にも言いましたが、コウキが次に姿を現す時に、自分の中で色んなことの答え合わせができるのかなと思っています。

デビューしてからは活発な活動で、それぞれのメンバーも体調を整えるのが大変だと思うけど、これからもTNXの活躍を祈っています。

<関連記事>

TNX/2nd「Love Never Dies」でカムバック&OST曲

3rd「BOYHOOD」THE NEW SIX(TNX)/始球式&日本TV出演

タイトルとURLをコピーしました